早慶合氣道定期競技会

当部は心身統一合氣道、早稲田大学合気道部は富木流合気道と、流派を異にする両部が、演武、乱取り稽古の種目において優劣を競う大会です。
合氣道の真の意味での試合は真剣勝負でしかないため、そこでは試合ではなく技を競う競技を行っています。

学生合氣道の稽古の特徴は、合氣道の基本を重視する点にあります。とすれば基本を重視した学生の段階においては、それぞれの流派特有の部分ではなく、植芝盛平先生を師とした、双方の流派に共通する基本となる武道性の部分で評価が可能ではないか、との思想に立ち評価基準を学生からの意見に基づき作成しています。

早慶合氣道競技会とは、学生故に可能な競技会であると言えます。あくまで慶應と早稲田で、全く新しいものを作り上げて発展をしていくということであります。毎年慶應と早稲田の両合氣道部が充実した競技会を行い、お互いを切磋琢磨しています。