二十大学合同稽古

二十大学合気道部合同稽古演武会は、ただ演武を見て帰るだけでなく、自分の体で学んでみようとする姿勢を尊重しております。それぞれ形の違う合気道部が存在するなかで、お互いを理解するためには一緒に稽古するのが一番であると考えるからです。お互いに切磋琢磨出来るような稽古形態、または演武会をより活かせるような稽古形態を、流派を越えた学生の交流の中から模索していくことをこの大会の目標としております。そのため、これからはもっと多くの合気道部に参加して頂き、三十、四十大学の参加を目指しています。

慶應義塾體育會合氣道部は、積極的にこの大会の運営を支援しており、学生合氣道の発展に貢献しています