部則

慶應義塾體育會合氣道部部則
第一章
総則
第一条当部は慶應義塾體育會合氣道部と称する。
第二条当部は本部を東京都港区三田2-15-45慶應義塾大学内に置く。
第三条当部の創立年月日は昭和三十二年四月一日とする。
第四条当部は慶應義塾體育會関係諸規則にのっとり活動運営するものとする。
第二章
目的
第五条当部は慶應義塾體育會則第二条の目的に従い、合氣道を通じて至誠の人を造ることを目的とする。
第六条当部は本塾内外に広汎に合氣道を普及することを目的とする。
第三章
組織
第七条当部は體育會会則第二章にのっとり、合氣道の精神を理解し実行する者を以って組織する。
第八条1.当部に下記の役員を置く。
 部長
 副部長
 監督
 助監督
 ・部長は體育會則第20条に基づき部の最終責任者として部務を執行し、監督、並びに部員を統轄する。 
 ・副部長は體育會会則第21条に基づき部長を補佐し、各高等学校において部長と称する。 
 ・監督は體育會監督コーチ規定に基づき、学生たる部員を統轄、監督し、その稽古及び競技を指導する。 
 ・助監督は部の状況により1名ないし複数名を設けることができ、監督の指示に基づき監督を補佐する。
2. 当部に下記の学生役員を置く。
 主将
 副将
 主務
 副務
 他
 ・主将は当部を統率する。
 ・副将は主将の統率を補佐する。
 ・主務は当部の事業、渉外及び経理を掌握する。
 ・副務は主務を補佐する。
  他の学生役員はそれぞれ定められた任にあたる。
第九条当部は師範を置くことができる。師範は当部に合氣道を指導伝授する。
第十条当部は部長経験者を顧問とすることができる。
第十一条当部は、役員会の議をへて、当部に特段の功労のあった監督経験者等を、相談役とすることができる。
第十二条当部は最上級生及び準ずるものをもって幹部会を組織する。幹部会は部を運営する。
第十三条学生役員は前年度の幹部会が選出し、監督の諒承を得た上、部長の認可をもって就任する。
第十四条学生役員の任期は原則としてその年の十月一日より翌年九月三十日迄とする。
第十五条当部は體育會幹事規定によりにより體育會幹事を置く。體育會幹事は前年度の幹事が選出し、監督の諒承を得た上、部長の認可をもって就任する。
第四章
事業
第十六条当部は慶應義塾體育會の部としての独立性を堅持し、学生合氣道界の他団体との交流を幅広く行う。
第十七条当部は昇段審査を原則として年三回、昇級審査については随時、これを行うものとする。
第十八条当部は春期合宿及び夏期合宿を行い、且つ冬季に寒稽古、夏季に土用稽古を行う。
第十九条当部は心身統一合氣道審査競技会に参加し、早慶合氣道定期競技会を運営、参加する。
第二十条当部は體育會会則第44条の体育の奨励に基づき義塾が設置する授業に積極的に協力する。
第五章
会議
第二十一条役員会は部長が必要に応じ召集する。
第二十二条幹部会は主将が必要に応じ召集する。
第二十三条部員総会は幹部会が必要に応じ召集する。
第二十四条会議は全会構成員の三分の二以上の出席があれば成立する。
第二十五条決議は多数決により決定し、部長の承認を受けてこれを実行する。
第六章
会計
第二十六条当部部員は部費及び體育會費を納入する。
第二十七条当部の経費は下記の収入を持って支弁する。 
1. 部員部費 
2. 體育會費 
3. 補助金、寄付金、その他
第二十八条当部の会計年度は毎年四月一日に始まり翌年三月三十一日に終了する。
第二十九条主務は会計年度開始前に予算を編成し、監督の承認を得ること。また、会計年度終了後、決算報告書を作成し、監督の確認を経て、部長の承認を得た後、體育會に提出する。
第七章
入部、
休部、
退部
第三十条当部に入部せんとする者は所定の入部届を提出し、監督の承認を経て、體育會に登録した後、正式に入部する。但し、正式入部するまでは準部員とする。
第三十一条当部は退部若しくは休部する者は、規定の退部届若しくは休部届を提出する。
第三十二条部員にあるまじき行為をせし者、稽古その他不真面目なる者は體育會会則第6条及び43条に準じ部長がこれを処分する。
第八章
慣例
第三十三条当部則に別段定めなき事項については、特に慣例のある場合はそれに従う。
第九章
部則改正
第三十四条本部則の改正は、改正案について役員会へ諮問の後、学生役員会並びに部員総会に於いて決議し、役員会の諒承、部長の承認をもって実行される。

(昭和42年改正)
(昭和46年一部改正)
(昭和63年改正)
(平成10年改正)
(平成15年改正)
(平成20年改正)

以上